心臓の病気による胸の痛み≪急性心不全≫

“急性心不全”はそれまで普通に生活していた人が、急に肺に水がたまって胸の痛みや動悸、息苦しさなどを訴える病気で、近年は増加の一途をたどりアメリカでは毎年50万人という規模で新たな患者が増え続けて、年間に30万人がこの病気で亡くなっていると言われますが、日本でも心筋梗塞の患者数よりも多くなっているのが現状です。

 

私たちの心臓には右心房、右心室、左心房、左心室という4つの部屋があって、まず新鮮な血液が心臓の左心室から大動脈を通って全身へ送り出され、使用済みの二酸化炭素を多く含んだ血液は心臓にもどってきて右心房から右心室へと行き、そこで酸素と二酸化炭素とのガス交換が行われて、十分な酸素を含んだ血液が左心房を通って再び左心室に戻ってきます。

 

けれども心臓の血管や左心室の動きに異常が起こると、肺から左心房、左心房から左心室へと流れていくはずの血液がうまく流れなくなって肺に滞り、うっ血状態になってしまい胸の痛みや息苦しさといった症状となって現れます。

 

このようになった状態を“肺うっ血”とか“肺水腫”と言い、気管支が肺うっ血で圧迫されて喘息のような症状も現れることから、“急性心不全”は“心臓喘息”と呼ばれることもあります。

 

発症には風邪や過労、ストレス、貧血などが引き金になっていると言われていますが、甲状腺機能亢進症や急性心筋梗塞や拡張型心筋症、心臓弁膜症、高血圧性心疾患、先天性心疾患などの心臓の病気が原因となっていることも多いようです。

心臓の病気による胸の痛み≪不整脈≫

胸の痛みやめまい、動悸、失神などの症状は、“不整脈”によって引き起こされることもあります。

 

筋肉でできた臓器である心臓は、洞結節という部分で作られた電気の規則正しい刺激が心室筋に伝えられることによって興奮し、規則正しく収縮するしくみになっていますが、電気に異常が起こったり刺激が伝導路という電気の通り道をうまく流れなかったりすると

脈が遅くなる“徐脈”が起こったり、心臓の中で電気が異常に早く作られたり本来の通り道とは違う伝導路ができて電気が空回りする“頻脈”が起こったり、電気がつくられる場所以外から刺激が出てきて脈が飛ぶ“期外収縮”などの不整脈が起こります。

 

つまり“不整脈”は心筋梗塞や狭心症などのような心臓の血管が詰まって起こる病気とは違って、心臓の電気系統の部分の故障なのです。

 

不整脈の原因としては、加齢によるものや、体質的なもの、睡眠不足、疲労、ストレス、高血圧、甲状腺異常などが挙げられますが、心臓に病気があると電気系統にも異常が生じやすいようです。

 

また不整脈に、胸の痛みや息切れ、めまいなどの症状が伴う場合は危険度が高いので注意が必要となりますが、最近では徐脈の人にはペースメーカーを装着したり頻脈の人には問題となっている心筋の一部を焼くカテーテルアブレーションという処置を施すなど、治療法がめざましく進歩してきたために殆どの不整脈が治療可能となっていますので、自分の不整脈のタイプを理解して正しい治療を行えば怖い病気ではないとも言われています。

心臓の病気による胸の痛み≪大動脈弁疾患≫

心臓から全身へ送り出される血液は左心室から大動脈を通って行きますが、この際に血液が左心室に逆流しないようにしてくれているのが“大動脈弁”で、3枚の半月形の弁膜からできていることから“半月弁”とも呼ばれています。

 

大動脈弁疾患の1つ“大動脈弁狭窄症”は、弁尖に癒着や硬化、石灰化が生じて弁の狭窄が生じて全身に血液が送り出されにくくなるもので、この状態に対応しようとして左心室に必要以上の負担がかかることで左心室の心筋が厚くなり心不全を起こしたり、重症化すると左心房圧も高まって肺内の血液量が増加して肺うっ血をきたしたりすることもある怖い病気です。

 

原因には、加齢による組織の石灰化や、リュウマチ性のもの、また先天性のものでは弁が1つであったり2つであったり、3つであっても弁同士がくっついていたり、高齢者では動脈硬化によるものが殆どを占めています。

 

治療では、人工弁に換える弁置換術や弁自体を修復する“弁形成術”という手術が行われますが、手術後も心肥大は残るので医師の指導のもとでの管理が必要となります。

 

また、心臓の出口のドアの役割を果たしている“大動脈弁”は、左心室から大動脈に血液が押し出される際に開き、その後は左心室に逆流しないように閉じるというしくみになっていますが、左心室が拡張する際に大動脈弁が完全に閉じなくなって“大動脈弁閉鎖不全症”を発症すると左心室から大動脈に押し出された血液が左心室へ逆流してしまいます。

 

これらの疾患は症状が出にくいことが多いのですが、胸が痛んだり、圧迫感や締めつけられるような感じのある場合には早めに医師に診てもらう必要があります。

心臓の病気による胸の痛み≪僧帽弁逸脱症≫

心臓には右心房、右心室、左心房、左心室という4つの部屋がありますが、全身に血液を送るポンプのはたらきをする重要な部分である左心室は、“僧帽弁”という弁によって左心房と隔てられています。

 

形がカトリックの司教の冠に似ていることから名づけられた“僧帽弁”は大きな前尖と小さな後尖の2枚の弁からなる二尖弁で左房室弁とも言われ、左心房の収縮時に開いて左心室に血液を送り、左心室の収縮時には閉じて左心房へ血液が逆流するのを防ぐ役割を果たしています。

 

この弁に異常が生じる“僧帽弁逸脱症”という病気は、僧帽弁のコラーゲン線維が変質してスポンジのように厚くやわらかくなってたるみ、左心室の収縮時に左心房側に落ち込んでしまうもので、これが僧帽弁閉鎖不全症や不整脈の原因になると考えられていますが、変質してしまう原因には遺伝的やものの他に、感染性心内膜炎や心筋炎、心筋梗塞などといったものもあるようです。

 

症状は全くない人もいますが、胸の痛みや不整脈、動悸、めまいなどが多く、中には失神を起こす人もいて、症状が重い場合には薬物療法だけでなく手術による治療も行われます。

 

罹患率は、男性より女性の方が2倍位高いと言われ、その殆どは先天的なもので原因はいまだに解明されていません。

 

また、“僧帽弁逸脱症”は50人に1人程度の割合で発症する比較的よくある病気ですが、細菌や真菌に感染して弁膜に障害を起こす“感染性心内膜炎”を引き起こすリスクが他の人よりも高くなるために、抜歯などの際には医師に言って抗生剤を処方してもらう必要があります。

心臓の病気による胸の痛み≪急性心筋炎≫

“心筋炎”というのは、何らかの原因で心臓の筋肉に炎症が起きて細胞が破壊され心臓の機能が低下してしまう病気で、感染すると1週間以内に発熱やせき、頭痛、咽頭痛、全身倦怠感、さらには吐き気や嘔吐、腹痛、下痢といった消化器症状が出て、その後で動悸や胸の痛み、息苦しさ、不整脈、などの呼吸器系の症状が出ますが、その程度は殆ど無症状のものから命にかかわる危険性の高いものまで幅広くあります。

 

原因は、コクサッキーウイルスやエコーウイルス、アデノウイルス、インフルエンザウイルスなどのウイルスやジフテリア菌などの細菌に感染したり、川崎病や急性リュウマチ熱、全身性エリテマトーデスなどの膠原病、真菌、原虫、寄生虫の感染や、薬物、放射線照射などが挙げられますが、最近ではウイルス感染によって発症して重症化するものが問題となっています。

 

“心筋炎”には慢性と急性とがありますが、殆どの場合が急性のもので、急性のウイルス性心筋炎は風邪として見過ごされることが多く進行すると心停止やショック状態に陥って

死に至るケースもあるので、消化器症状に加えて胸の痛みや呼吸困難、低血圧の症状が出た場合には心筋炎を疑ってみる必要があります。

 

血液検査や心電図、胸部X線撮影、心臓超音波検査などによって心筋炎を起こしているかどうかが判断され、重症の場合は入院して合併症を防ぐための治療が行われます。

 

ただ軽症で済んだとしても不整脈などの後遺症が残って何年後かに重症の不整脈や心不全となって再発することがあるので、治癒後も定期的に医師に診てもらうことが大切です。

心臓の病気による胸の痛み≪狭心症≫

前胸部への締めつけられるような胸の痛みや圧迫感、胸が焼け付くような感じを主な症状とする“狭心症”は、冠動脈の血流が一時的に悪くなることが原因となっています。

 

心筋梗塞のように完全にふさがって血流が途絶えているわけではないので、痛みは急激なものではなく少しずつ強さを増して数秒から長くても10分程度で治まり長くは続かず、血流が元通りになると治まりますが、症状が治まっても必ず医師に診てもらう必要があります。

 

10分以上継続する場合は心筋梗塞を引き起こしている可能性もあるので、一刻を争います。

 

また狭心症では心臓だけでなく、“放散痛”といって一見心臓とは無関係な左腕や左肩、みぞおち、喉、あご、奥歯、背中などに圧迫感や重苦しさのようなものを感じることもあり、胸に感じる痛みとは異なりますが、中には胸に痛みが起こらなくて放散痛だけが起こることもあるので注意が必要です。

 

狭心症の発作には、階段を上ったり、運動をしたり、温度差の激しい場所へ急に映ったり、ストレスや興奮、緊張、飲酒などによって起こる“労作性狭心症”と、特別に身体を動かしていなくても起こる“安静狭心症”とがあります。

 

“安静狭心症”は、血管がけいれんすることによって起こるもので、夜寝ている時に突然胸の痛みが起こったり、深夜から早朝にかけて何度も痛みが起こるような“異型狭心症”はその典型とも言えるものですが、発作のたびに症状が悪化する“不安定狭心症”とともに心筋梗塞に移行しやすいと言われますので、発作がなくても定期的に医師の診断を受けることが大切です。

肺の病気による胸の痛み≪肺血栓塞栓症・気胸≫

“胸の痛み”を生じる病気には、“肺血栓塞栓症”や“気胸”もあります。

 

“肺血栓塞栓症”は下肢静脈や骨盤静脈を介して血液の塊が肺動脈に流れ込んでつまって閉塞したり、流れが悪くなってしまう病気で、末梢肺動脈につまって完全に閉塞してしまうと、肺組織が壊死する“肺梗塞”が起こるのですが、肺血栓塞栓症の約20%が悪化して“肺梗塞”になるとも言われています。

 

“肺血栓塞栓症”では血栓が小さい場合には症状がないこともありますが、ある程度の大きさになると突然強い胸の痛みが起こったり、呼吸回数が増える頻呼吸が起こったり、さらに大きな血栓が太い血管につまってしまうと血痰や発汗、発熱といった症状も現れ、最悪の場合ショック状態となって突然死を招くこともあります。

 

原因としては、下肢の深部静脈でできた血栓がはがれて静脈の流れにのって肺動脈に達する“下肢深部静脈血栓症”が主なものとされ、これは病気や術後の安静のために寝たきり状態が続いたり、飛行機や車で狭い座席に下肢を曲げたままで長時間座って血液が停留した上に、トイレに行くのが大変だからといって水分を取らないで脱水状態となり血液が濃くなって固まって血栓ができてしまったり、産後や術後に血栓ができてしまうことが原因と考えられています。

 

また、“気胸”は肺胞にあいた孔から空気が胸腔内に漏れ肺全体が縮んでしまう病気で、最も多い“自然気胸”以外にも“外傷性気胸”、“医原性気胸”、“月経随伴性気胸”などがあり、いずれも咳や刺されたような鋭い胸の痛み、息苦しさなどを伴います。

肺の病気による胸の痛み≪縦隔気腫・肺がん≫

“縦隔気腫”は、暴飲暴食をして嘔吐したときに食道が破裂して穴のあく食道穿孔を起こしたり、気管支喘息を起こしたり、胸の手術や胸にケガを負ったりした際に肺や気管が破損してそこからもれた空気が、縦壁という胸腔を区切っている箇所に溜まる病気で、胸の痛みや胸の圧迫感、首や顔の腫れ、発熱、さらにはチアノーゼや呼吸困難の症状を伴うこともあります。

 

場合によっては縦隔だけでなく顔や下肢など全身におこって膨らみ、強く痛むこともあります。

 

胸部のCT検査やX線検査によって“縦隔気腫”という診断が下されても、空気の漏れが止まっていれば特に治療を行いませんが、事故などによる肺や気管の破損が原因となって胸の痛みなどを伴っている場合は、命にかかわるような深刻な事態に陥ることもあるので、一刻も早く医師の診察を受ける必要があります。

 

 

男性が発症するガンの中でもトップに挙げられる“肺がん”は、肺胞や気管支に発生して他の臓器やリンパ節に転移する危険の高いもので、がん患者の約8割が喫煙者であることから主な原因はタバコであると考えられています。

 

そして肺がんには長引く咳や胸の痛みがつきものですが、他の病気とは違う目立った症状がないために初期の段階で気付きにくいとも言われます。

 

胸の痛みに関してもちくちくさすような胸の痛みや、鈍い胸の痛みとして現れることもあったり、病状が進んでも風邪の症状によく似ているので発見が遅れて最悪のケースになるというようなことがないよう注意が必要です。

肺の病気による胸の痛み≪胸膜炎・膿胸≫

“胸膜”には肺の表面を覆う“臓側胸膜”と、胸壁の内面や横隔膜の上面などを覆う“壁側胸膜”の2つがあって、この内側と外側の隙間にできた胸膜腔に胸水がたまった状態を“胸膜炎” と言います。

 

胸壁側の胸膜には感覚神経がありますが、肺の表面の胸膜には神経が分布していないために、“胸膜炎”に特有の鋭くて短い胸の痛みがある場合は胸壁側の胸膜に炎症が起こっていることが多いようです。

 

そして胸水がたまるに従って胸の圧迫感や息切れが現れますが、初期に現れていた胸の痛みは逆に軽くなってきます。

 

また、胸膜炎は単独で発症することは少なく、殆どの場合肺結核や肺がん、肺炎などが起こった時点で腫瘍や炎症が胸膜を刺激してしまうことによって“結核性胸膜炎”や“ガン性胸膜炎”となって発症することが多く、“結核性胸膜炎”の場合には抗結核剤の投与を、肺炎の場合には抗生在の投与を、“ガン性胸膜炎”の場合は胸腔内に抗がん剤を注入し、さらに胸水が多く溜まっていれば胸腔にチェストチューブという管を入れて取り除く処置も行われます。

 

 

別名を“化膿性胸膜炎”ともいう“膿胸”は、胸膜が炎症起こして膿状の液体がたまってしまうもので、胸腔手術を行ったり細菌性肺炎や肺化膿症、気管支拡張症などにかかった後で発熱や胸の痛みなどを伴って発症することが多い病気です。

 

“膿胸”は3か月未満の症状を急性膿胸、それ以上経過したものを慢性膿胸と分けられていますが、いずれも早急に膿の除去や胸腔内の洗浄、抗菌薬の投与が必要とされます。

肺の病気による胸の痛み≪肺炎≫

何らかのきっかけで、病原菌が肺に入って肺胞やその周辺に炎症を起こす病気を総称して“肺炎”と言います。

 

肺炎には原因となっている病原菌によってさまざまな種類があり、中でもインフルエンザウィルスや麻疹ウィルス、水痘ウィルスなどが原因となって起こる“ウィルス性肺炎”や、マイコプラズマという抗生物質に対して耐性のある病原菌が原因となって起こる“マイコプラズマ肺炎”、汚染された水に繁殖することから温泉やサウナなどで高齢者が感染源しやすい“レジオネラ肺炎”などがあります。

 

肺炎の症状としては咳や痰が長引いたり、悪寒や、発熱、胸の痛みなどが特徴的なもので、症状が悪化すると呼吸困難や意識障害を起こすこともあるのですが、高齢者の場合は発熱を伴わないことも多いので、咳が長引いたり食欲がなくて元気がない程度であっても病院で診てもらうことが大切です。

 

胸部のレントゲン写真を撮ると、気胸や肺気腫などでは病気の部分に空気が多く集まって影が黒く映りますが、肺がんや肺結核、肺炎などでは肺胞の壁が線維化を起こして肺胞がつぶれて硬くなり、空気が入らない状態となっているために白い影となって映ります。

 

レントゲン撮影によって肺炎であることが確定したら、次に病原菌を特定するために血液検査や喀痰検査、尿検査なども行われ、脱水症状を伴っていたり重症と判断される場合には入院治療となりますが、軽症であれば外来での内服と点滴による治療が行われます。