肺の病気による胸の痛み≪肺血栓塞栓症・気胸≫

“胸の痛み”を生じる病気には、“肺血栓塞栓症”や“気胸”もあります。

 

“肺血栓塞栓症”は下肢静脈や骨盤静脈を介して血液の塊が肺動脈に流れ込んでつまって閉塞したり、流れが悪くなってしまう病気で、末梢肺動脈につまって完全に閉塞してしまうと、肺組織が壊死する“肺梗塞”が起こるのですが、肺血栓塞栓症の約20%が悪化して“肺梗塞”になるとも言われています。

 

“肺血栓塞栓症”では血栓が小さい場合には症状がないこともありますが、ある程度の大きさになると突然強い胸の痛みが起こったり、呼吸回数が増える頻呼吸が起こったり、さらに大きな血栓が太い血管につまってしまうと血痰や発汗、発熱といった症状も現れ、最悪の場合ショック状態となって突然死を招くこともあります。

 

原因としては、下肢の深部静脈でできた血栓がはがれて静脈の流れにのって肺動脈に達する“下肢深部静脈血栓症”が主なものとされ、これは病気や術後の安静のために寝たきり状態が続いたり、飛行機や車で狭い座席に下肢を曲げたままで長時間座って血液が停留した上に、トイレに行くのが大変だからといって水分を取らないで脱水状態となり血液が濃くなって固まって血栓ができてしまったり、産後や術後に血栓ができてしまうことが原因と考えられています。

 

また、“気胸”は肺胞にあいた孔から空気が胸腔内に漏れ肺全体が縮んでしまう病気で、最も多い“自然気胸”以外にも“外傷性気胸”、“医原性気胸”、“月経随伴性気胸”などがあり、いずれも咳や刺されたような鋭い胸の痛み、息苦しさなどを伴います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>