心臓の病気による胸の痛み≪狭心症≫

前胸部への締めつけられるような胸の痛みや圧迫感、胸が焼け付くような感じを主な症状とする“狭心症”は、冠動脈の血流が一時的に悪くなることが原因となっています。

 

心筋梗塞のように完全にふさがって血流が途絶えているわけではないので、痛みは急激なものではなく少しずつ強さを増して数秒から長くても10分程度で治まり長くは続かず、血流が元通りになると治まりますが、症状が治まっても必ず医師に診てもらう必要があります。

 

10分以上継続する場合は心筋梗塞を引き起こしている可能性もあるので、一刻を争います。

 

また狭心症では心臓だけでなく、“放散痛”といって一見心臓とは無関係な左腕や左肩、みぞおち、喉、あご、奥歯、背中などに圧迫感や重苦しさのようなものを感じることもあり、胸に感じる痛みとは異なりますが、中には胸に痛みが起こらなくて放散痛だけが起こることもあるので注意が必要です。

 

狭心症の発作には、階段を上ったり、運動をしたり、温度差の激しい場所へ急に映ったり、ストレスや興奮、緊張、飲酒などによって起こる“労作性狭心症”と、特別に身体を動かしていなくても起こる“安静狭心症”とがあります。

 

“安静狭心症”は、血管がけいれんすることによって起こるもので、夜寝ている時に突然胸の痛みが起こったり、深夜から早朝にかけて何度も痛みが起こるような“異型狭心症”はその典型とも言えるものですが、発作のたびに症状が悪化する“不安定狭心症”とともに心筋梗塞に移行しやすいと言われますので、発作がなくても定期的に医師の診断を受けることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>