心臓の病気による胸の痛み≪急性心筋炎≫

“心筋炎”というのは、何らかの原因で心臓の筋肉に炎症が起きて細胞が破壊され心臓の機能が低下してしまう病気で、感染すると1週間以内に発熱やせき、頭痛、咽頭痛、全身倦怠感、さらには吐き気や嘔吐、腹痛、下痢といった消化器症状が出て、その後で動悸や胸の痛み、息苦しさ、不整脈、などの呼吸器系の症状が出ますが、その程度は殆ど無症状のものから命にかかわる危険性の高いものまで幅広くあります。

 

原因は、コクサッキーウイルスやエコーウイルス、アデノウイルス、インフルエンザウイルスなどのウイルスやジフテリア菌などの細菌に感染したり、川崎病や急性リュウマチ熱、全身性エリテマトーデスなどの膠原病、真菌、原虫、寄生虫の感染や、薬物、放射線照射などが挙げられますが、最近ではウイルス感染によって発症して重症化するものが問題となっています。

 

“心筋炎”には慢性と急性とがありますが、殆どの場合が急性のもので、急性のウイルス性心筋炎は風邪として見過ごされることが多く進行すると心停止やショック状態に陥って

死に至るケースもあるので、消化器症状に加えて胸の痛みや呼吸困難、低血圧の症状が出た場合には心筋炎を疑ってみる必要があります。

 

血液検査や心電図、胸部X線撮影、心臓超音波検査などによって心筋炎を起こしているかどうかが判断され、重症の場合は入院して合併症を防ぐための治療が行われます。

 

ただ軽症で済んだとしても不整脈などの後遺症が残って何年後かに重症の不整脈や心不全となって再発することがあるので、治癒後も定期的に医師に診てもらうことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>