心臓の病気による胸の痛み≪大動脈弁疾患≫

心臓から全身へ送り出される血液は左心室から大動脈を通って行きますが、この際に血液が左心室に逆流しないようにしてくれているのが“大動脈弁”で、3枚の半月形の弁膜からできていることから“半月弁”とも呼ばれています。

 

大動脈弁疾患の1つ“大動脈弁狭窄症”は、弁尖に癒着や硬化、石灰化が生じて弁の狭窄が生じて全身に血液が送り出されにくくなるもので、この状態に対応しようとして左心室に必要以上の負担がかかることで左心室の心筋が厚くなり心不全を起こしたり、重症化すると左心房圧も高まって肺内の血液量が増加して肺うっ血をきたしたりすることもある怖い病気です。

 

原因には、加齢による組織の石灰化や、リュウマチ性のもの、また先天性のものでは弁が1つであったり2つであったり、3つであっても弁同士がくっついていたり、高齢者では動脈硬化によるものが殆どを占めています。

 

治療では、人工弁に換える弁置換術や弁自体を修復する“弁形成術”という手術が行われますが、手術後も心肥大は残るので医師の指導のもとでの管理が必要となります。

 

また、心臓の出口のドアの役割を果たしている“大動脈弁”は、左心室から大動脈に血液が押し出される際に開き、その後は左心室に逆流しないように閉じるというしくみになっていますが、左心室が拡張する際に大動脈弁が完全に閉じなくなって“大動脈弁閉鎖不全症”を発症すると左心室から大動脈に押し出された血液が左心室へ逆流してしまいます。

 

これらの疾患は症状が出にくいことが多いのですが、胸が痛んだり、圧迫感や締めつけられるような感じのある場合には早めに医師に診てもらう必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>