心臓の病気による胸の痛み≪不整脈≫

胸の痛みやめまい、動悸、失神などの症状は、“不整脈”によって引き起こされることもあります。

 

筋肉でできた臓器である心臓は、洞結節という部分で作られた電気の規則正しい刺激が心室筋に伝えられることによって興奮し、規則正しく収縮するしくみになっていますが、電気に異常が起こったり刺激が伝導路という電気の通り道をうまく流れなかったりすると

脈が遅くなる“徐脈”が起こったり、心臓の中で電気が異常に早く作られたり本来の通り道とは違う伝導路ができて電気が空回りする“頻脈”が起こったり、電気がつくられる場所以外から刺激が出てきて脈が飛ぶ“期外収縮”などの不整脈が起こります。

 

つまり“不整脈”は心筋梗塞や狭心症などのような心臓の血管が詰まって起こる病気とは違って、心臓の電気系統の部分の故障なのです。

 

不整脈の原因としては、加齢によるものや、体質的なもの、睡眠不足、疲労、ストレス、高血圧、甲状腺異常などが挙げられますが、心臓に病気があると電気系統にも異常が生じやすいようです。

 

また不整脈に、胸の痛みや息切れ、めまいなどの症状が伴う場合は危険度が高いので注意が必要となりますが、最近では徐脈の人にはペースメーカーを装着したり頻脈の人には問題となっている心筋の一部を焼くカテーテルアブレーションという処置を施すなど、治療法がめざましく進歩してきたために殆どの不整脈が治療可能となっていますので、自分の不整脈のタイプを理解して正しい治療を行えば怖い病気ではないとも言われています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>