心臓の病気による胸の痛み≪急性心不全≫

“急性心不全”はそれまで普通に生活していた人が、急に肺に水がたまって胸の痛みや動悸、息苦しさなどを訴える病気で、近年は増加の一途をたどりアメリカでは毎年50万人という規模で新たな患者が増え続けて、年間に30万人がこの病気で亡くなっていると言われますが、日本でも心筋梗塞の患者数よりも多くなっているのが現状です。

 

私たちの心臓には右心房、右心室、左心房、左心室という4つの部屋があって、まず新鮮な血液が心臓の左心室から大動脈を通って全身へ送り出され、使用済みの二酸化炭素を多く含んだ血液は心臓にもどってきて右心房から右心室へと行き、そこで酸素と二酸化炭素とのガス交換が行われて、十分な酸素を含んだ血液が左心房を通って再び左心室に戻ってきます。

 

けれども心臓の血管や左心室の動きに異常が起こると、肺から左心房、左心房から左心室へと流れていくはずの血液がうまく流れなくなって肺に滞り、うっ血状態になってしまい胸の痛みや息苦しさといった症状となって現れます。

 

このようになった状態を“肺うっ血”とか“肺水腫”と言い、気管支が肺うっ血で圧迫されて喘息のような症状も現れることから、“急性心不全”は“心臓喘息”と呼ばれることもあります。

 

発症には風邪や過労、ストレス、貧血などが引き金になっていると言われていますが、甲状腺機能亢進症や急性心筋梗塞や拡張型心筋症、心臓弁膜症、高血圧性心疾患、先天性心疾患などの心臓の病気が原因となっていることも多いようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>