肺の病気による胸の痛み≪肺炎≫

何らかのきっかけで、病原菌が肺に入って肺胞やその周辺に炎症を起こす病気を総称して“肺炎”と言います。

 

肺炎には原因となっている病原菌によってさまざまな種類があり、中でもインフルエンザウィルスや麻疹ウィルス、水痘ウィルスなどが原因となって起こる“ウィルス性肺炎”や、マイコプラズマという抗生物質に対して耐性のある病原菌が原因となって起こる“マイコプラズマ肺炎”、汚染された水に繁殖することから温泉やサウナなどで高齢者が感染源しやすい“レジオネラ肺炎”などがあります。

 

肺炎の症状としては咳や痰が長引いたり、悪寒や、発熱、胸の痛みなどが特徴的なもので、症状が悪化すると呼吸困難や意識障害を起こすこともあるのですが、高齢者の場合は発熱を伴わないことも多いので、咳が長引いたり食欲がなくて元気がない程度であっても病院で診てもらうことが大切です。

 

胸部のレントゲン写真を撮ると、気胸や肺気腫などでは病気の部分に空気が多く集まって影が黒く映りますが、肺がんや肺結核、肺炎などでは肺胞の壁が線維化を起こして肺胞がつぶれて硬くなり、空気が入らない状態となっているために白い影となって映ります。

 

レントゲン撮影によって肺炎であることが確定したら、次に病原菌を特定するために血液検査や喀痰検査、尿検査なども行われ、脱水症状を伴っていたり重症と判断される場合には入院治療となりますが、軽症であれば外来での内服と点滴による治療が行われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>